小さなところにこだわってみる

社印イメージ

社印は何に入れているのだろうか。
ほかの会社に勤めたことがないから、他のところの事情は分からないがうちの会社は、小さな金庫みたいなものにお金と一緒に入っていた。
しかも、パンパンに入っているので、いまいち定位置がわかりませんと朱肉も社印も言っているようだった。

現に私も、どの位置がちゃんと閉まるのかいまいち把握できていない。
そもそも、ハンコだけの為にケースが必要ないと思われているのだろうけれど、ぜひ、社印にケースを作ることをお勧めしたい。
事務員だけしか見てないようで、多くの人が社印を目にしている。

しかし、一度作ればなかなか作り直さないのがハンコそして、はんこケースではないだろうか。
まして、会社のハンコともなれば、なかなか作り直さない。
なので、お勧めしたい。
会社とともにあるはんこはこだわって作ってみてほしい。
書体や字の角度いうものではなく使う人が、思わず感心してしまうようなものにだ。

例えば、革製品で作るのはどうだろう。
最近では実に多くの専門店がある。そして、その多くがオーダーメイドをやっている。
印鑑の相棒朱肉の入れるポケットも作ってほしい。何種類かの印鑑を入れられるケースも素敵ではないだろうか。
もし、社印が増えるような可能性があるなら、なめした柔らかい革で作られた巾着なんてどうだろう。
その会社の社員が変わったとしても、印章は変わらない。
そして、それを包むハンコケースも多分変わらないだろう。
会社とともにあるのだ。
常に。どんな時でも。
だから、小さなところにこだわってみるのも悪くはないのではないか。

ページの先頭へ